ゼロライアビリティー  


MasterCardカードホルダーの皆様には、不正使用から生じた支払いの義務はございませんので、ご安心下さい。

MasterCardカードホルダーは日本で発行されたMasterCardカードにおいて、不正使用の請求に対して、以下の5つの条件をすべて満たしている場合、不正使用から生じるカード保有者の支払い責任をゼロとするルール(ゼロライアビリティー)の対象となります。これらの条件は、加盟店、テレホンショッピング、ネットショッピングによる支払いにおいて適用されます。

  • カードホルダーがカードの紛失、盗難、および不正使用に対して適切な防衛対策を講じていた場合
  • カードホルダーが紛失、盗難、または不正使用が判明した場合、直ちにカード発行会社に通知した場合
  • カードホルダーが過去12か月間において2回以上不正使用に関する報告をカード発行会社にしていない場合
  • カードホルダーのアカウントが、支払いに滞りのない良好な状態である場合
  • カードホルダーがカード発行会社の会員規約を遵守している場合



カードホルダーが上記の5つの条件をすべて、あるいは一部満たしていない場合は、カード会員規約に即した措置が取られます。

ゼロライアビリティーの適用除外は以下のとおりです。
  • カードが個人以外に発行されている場合
  • カードが主にビジネス、商取引、または農業の取引を目的として発行されている場合
  • 不正使用に際し、カードホルダーの確認手段として暗証番号(PIN)が使用された場合